今年の夏は大変な思いをしました

久しぶりの投稿です。

 

今年の夏は、気候の変化で体調を崩す

 

梅雨になる前に夏バテ

 

梅雨前の猛暑で体調を崩し、

既に夏バテとなってしまっていた様子。

 

クーラーや水風呂に浸かって

冷やし過ぎたせいか喉に違和感を感じ、

咳き込むようになってしまいました。

 

 

自己判断で風邪を引いたのだろと

掛かり付けの耳鼻咽喉科に行き、

薬を貰うが一週間しても良くなる気配がなく、

 

熱はないが、咳が酷い。

更に薬を貰い一週間経過したが、

喘息のような咳が酷くなる。

 

我慢できず、

セカンドオピニオンに頼ることに・・・

 

喘息の診断

ググってクチコミ評価の良さそうな

近くの呼吸器科に行ってみることにした。

経緯を先生に話すと

喘息との診断で吸引器具を貰って

2週間程経つと、良くなってきて、

 

再度診察を受けると、

違う薬を貰い、もう少し様子を見ることに。

 

かれこれ一か月以上も風邪に悩まされました。

 

芝刈りに行ったときに転んで頭を強打

8月の下旬に仕事関係や親しい知人で

ゴルフに行ってきました。

曇っていてさほど暑くなく

絶好のゴルフ日和でした。

 

ろくに練習もせず

月に一度くらいのゴルフでは

上達する筈もなく

 

一日楽しんでワイワイガヤガヤ

過ごすのが気分転換になります。

 

昼食を終えて後半戦に突入。

 

クリークの罠に見事にはまり、

小川の中にマイボールが・・・

 

水かさもない小川なので

取りに行けるだろうと軽い気持ちで

川ヘリを歩いていくと

ツルっ!!

 

気付いたら左半身が水に浸かり、

 

岩に左のこめかみを強打していました。

 

幸い出血はなく打撲位のもので

異常は感じられませんでした。

 

水にぬれた靴や服が気持ち悪いくらいで、

気温も高く寒さもありません。

 

このままラウンドを楽しむことに。

 

メンバーに話すと大笑いされ

池にハマった過去を持つ人からは、

 

「もう人のことを笑えないな!^^」

 

気温が高かったお陰で

濡れた服はすっかり乾いていました。

 

一日楽しく過ごしましたが、

頭を強打したのが心配で

 

帰って早々に脳外科へ

精密検査を受けに行ってきました。

 

先生「CTを取りますか?」と聞かれ

勿論私はYESです。

 

結果を見ると

先生「問題ありませんね。」

 

しかし一ヶ月くらいして

稀にめまいや立ち上がるときに違和感があったり、

歩行がおかしいなど

 

そんな時は再度来てくださいと言われました。

 

硬膜下血種になることがあるとのことでした。

 

これは転んだりしたときや、

衝撃を受けた時に起こる場合があるとのことです。

 

十分に注意したいですね。

 

ひとまずは安心して帰ってきましたが。

 

ここからがしんどかった。

 

口の開け閉めをすると

痛みがあり、

 

食べ物を口に運んでも

おちょぼ口で頬張る

何とも不便な思いをしています。

 

10日以上経過しても

まだ痛みが残っています。

 

軽率な行動は慎んだ方が良さそうです。

 

年齢も50代半ばになると

身体の反応も思い通りに行かなくなってきています。

 

まだまだ働かないといけないので、

健康管理に留意してまいります。

 

裁判の判決

以前に本人訴訟で

裁判を起こした件ですが、

 

結局、被告不在で勝訴となり、

部屋を明け渡す判決となりました。

 

結論を記述していなかったので、

この場でお伝えいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

あなたの成功を心より願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です